慰謝料を決める基準

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

慰謝料慰謝料を請求するときには、弁護士に依頼をするのが一番だと言われています。まずは、慰謝料を決める基準について、算定基準を知っておきましょう。自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準と呼ばれるものがあります。

弁護士にどうして相談をした方がいいのか?ということですが、これらの基準の中では、最も弁護士による基準が金額的に高いからです。自賠責保険基準というのは、例えばバイクにある自賠責保険は保険料も安いです。その分保険の金額も安いですが、正にこの基準で慰謝料が支払われるわけです。この金額は最も低い基準になります。任意保険基準というものもあります。この基準は自賠責保険でカバーできない損害部分に対して加入する任意の保険となります。これは保険会社によって基準が異なることに加えて、非公開ということもあって、分かりにくいという問題点があります。そして、弁護士基準は裁判所基準とも言われます。この基準が常識的かつ公正、客観的判断に基づいており、最も慰謝料的にも高額です

慰謝料を請求するときに、こうしたことがあるため、弁護士に交通事故慰謝料の請求依頼をするのが正解ということになります。最初から専門家に任せるということが大事なポイントにもなります。